お嬢クラブBBS

927042
ここはひばりファン専用掲示板です。
............................................................................................
mixi
FACE BOOK

美空ひばりtwitter

ojouclubをフォローしましょう
YAHOOブログ
美空ひばり公式web
コロムビア美空ひばり
photo
アメブロ
美空ひばり公式ウェブサイト
名前  性別:
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
アイコン
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

無題 - ひばり映画っ子 (男性)

2017/11/23 (Thu) 22:21:37
*.home.ne.jp

古賀政男さん、古関裕而さん、万城目正さん、上原げんとさん、船村徹さん、他、
世に大勢の作曲家の方々がいるのに、たった7音しかない音符を綴っただけなのに、
何故、あのようにそれぞれイメージが異なる旋律が出来上がるのかとても不思議です。

吉田正さんも、上記の方々とは全く別物の歌の世界を開かれましたね。
橋幸夫・三田明さんの一連のリズム歌謡や青春もの、小百合ちゃんの日活版とかも。


ひばりちゃん40代中頃のテレビ特番で、『吉田正を歌う』 というコーナーがあり、
「異国の丘」 「哀愁の街に霧が降る」 「弁天小僧」を歌うひばりちゃんは、
最高の歌唱と表現力でした。

特に「異国の丘」は、男性のどの歌手よりも力強く、歯切れ良さが心を打ち、
外地での祖国日本を思う気持ちがひしひしと伝わってきて何度聞いても感動です。

「弁天小僧」 は、吉田学校の優等生、三浦洸一さんには失礼ですが、
感情移入を余りせずに、高音で淡々と丁寧に歌っておられて、それはそれで素晴らしい。
恐らく、歌詞を理解して、三浦さんなりに解釈して想像の上で歌っておられる。

しかし、ひばりちゃんは、『競艶雪之丞変化』 での劇中劇でも、
『ひばり十八番弁天小僧』 でも本物の弁天小僧を、完全に男として演じている。
だから、吉田正さんの『弁天小僧』 でも、歌詞やイメージが役者として浮かび、
顔の表情や振り、所作が自然と出て来て、映画を観た視聴者にも伝わって来ます。

二番の、「♪オット俺らは五人男の切れはしさ」の時のアップで映る頷き笑顔。
四番の、「♪素肌に燃える長襦袢、縞の羽織を南郷に、着せ掛けられて帰りしな」、
も、狂言ゆすりが失敗(それも作戦のうち)に終わって浜松屋から帰るところで、
若山富三郎演じる、南郷力丸に縞の羽織を着せてもらうシーンを演じたひばりちゃん、
そしてその映画を観たファンは、その歌詞がとてもよく理解できます。



話は先日のテレビに戻って、この番組での『花蕾』 『おしどり富士』 ですが、
レコード・ドームシーンを流した後の、長山・三山両氏のコメントは私には理解不明でした。
その分、橋幸夫さんに、BS朝日『わが心の美空ひばり』 で語った、
ひばりママの発案と実質プロデュースで実現した話や、歌い上げた苦労話、
つまり、お嬢はどんな声でも歌えるのに、自分は年相応の声ででしか歌えない、の話とか、
二人の抽象的なコメントの分、歌をもっと聞きたかったです。

直ぐに、ひばりちゃん1周忌の日テレ特番を見返しましたが、やはり音だけでしたね。


又 『花蕾』は、ドーム公演での歌唱前の、 「吉田先生に書いて頂いた」と、
いうトークと、その時映し出された吉田正さんのシーンも併せて入れたら、
もっと、このコーナーが見る人を感動させたのにと、とても残念でした。

実際、この『花蕾』の歌はファンでも知る人のみ知る、で殆どがドーム公演でのシーン、
「吉田正と阿久悠が作り上げたこの奇跡の名作は、国民の胸に深く刻まれた」と
ナレーションされると、少し恥ずかしくなるので、この位の挿入は欲しかったです。
その程、ひばりちゃんが偉大であり、その為に色んな壁や制約を超えて実現した話。
それ故、ひばりちゃんご本人の先生方に対する感謝のコメントを流すべきでした。


追伸: 
 麦秋さん、色々コメント/情報ありがとうございます。
私もBS朝日の以前の『わが心の美空ひばり』、次の『心にのこるひばり名曲物語』 
の特番は嬉しく、ありがたく思っています。
だから、下平アナさんのエンディングの挨拶を気にしています。
「それでは、また」 である時は、まだ大丈夫だと思います。


「美空ひばり名曲物語」BS朝日 - 麦秋 (男性)

2017/11/23 (Thu) 21:58:56
*.bbtec.net

 しばらく間があいていた? 「美空ひばり名曲物語」BS朝日、が、12月17日 (21:00~22:54)に放送予定のようです。
「名曲物語」は、シリーズ化しているので、放送に間隔が空くと、打ち切りになったのではないかと、不安に思っていました。

 TVも、ひばりちゃんの新しい映像がおいそれと出てくるわけでもないので、同じ映像になってしまいますが、それでも、このシリーズは、他局に比べて力を入れ、彼女のアメリカ巡業地の追跡など様々な好企画を提供してもらってきたので、放送がなくなってしまうと、寂しい限りです。

 楽しみは、番組に登場するゲストです。今回は、さてさて、どなたがゲストでしょうね。そして、どんな話が聴けるのでしょうね。
 リクエストさせて頂けば、ひばりちゃんを語って欲しいと思う人には、今年、ひばりちゃんをトリビュート、コンサートなど活躍中の、伊藤君子さんがあります。
 
 とは言え、私自身、放送局に対しては、特番で、「美空ひばり」を取り上げ、放送してもらえることだけで有難いと、感謝しています。

 2017年、ひばりちゃんの生誕80年の今年の暮れ、掉尾を飾る2時間番組の力作で、「美空ひばり名曲物語」に会えるように祈っています。

感激で泣きそうでした - ふり袖子 (女性)

2017/11/23 (Thu) 09:54:44
*.mesh.ad.jp

千羽鶴さま、麦秋さま、もう本当にありがとうございました!しかも歌詞まで書いていただいて、泣きそうになりました。さすが、ひばりさんファンって凄いなとあらためて痛感しました。
私のあんな変な間違いだらけの情報でもキチンと短時間で探し当ててくださって、、、。

32年頃のひばりさんの高い声、すっと綺麗に裏がえる歌い方が大好きでした。

本当にありがとうございました!

教えてくださいますか - ふり袖子 (女性)

2017/11/22 (Wed) 22:55:18
*.mesh.ad.jp

無理かもしれないと思いつつ、ひばりさんの若い頃のある歌の題名がどうしてもわからず、、、

明るい曲で最後が多分「午後でした」と終わるんです。土曜日の午後か日曜日の午後か、そんな感じの歌です。

やっぱり無理ですよね、こんなに少ない情報じゃ。

ごめんなさい。もしどなたかご存知でしたら教えてくだされば大感激です。

Re: 教えてくださいますか - 麦秋 (男性)

2017/11/23 (Thu) 07:14:55
*.bbtec.net

 多分、<でした>で終わる歌では、『愛の星かげ』西沢 爽作詞、小野 満作曲と、『ある土曜日の午後』石本美由紀作詞、上原げんと作曲、くらいでは?ないでしょうか。
 
 また、<曜日>が入るのは、題名にそのものズバリの、『ある土曜日の午後』と、『お針娘ミミーの日曜日』木下忠司作詞、黛 敏郎作曲が思い浮かびます。

 あてになりません。が、私のカンでは、『ある土曜日の午後』が、本命ではないかと思います。明るい曲調です。昭和32年吹き込み 
 歌は、曲の終わりが3コーラスのすべてに<本当に ほんとに 幸せでした>で、終わっています。
 もう一ツの、『お針娘ミミーの日曜日』は、<でした>は、一か所もありません。

 ちなみに、『愛の星かげ』は、2コーラス目の終わりが、<夜でした>で終わっています。

 思いついたままの投稿です。他に、まだ存在しているやも、分かりませんが・・・。あたりであればうれしいのですが。

ある土曜日の午後 - 千羽鶴 (女性)

2017/11/23 (Thu) 09:11:46
*.eonet.ne.jp

ある土曜日の午後

石本美由紀作詞
上原げんと作曲

鴎が飛んでる 海から抜けて
潮風やさしく 吹いてくる
ある土曜日の 公園で
あなたと眺めた
フランス航路は 白い船
あの頃は あの時は
本当に ほんとに 幸せでした

夢見る乙女に 心のように
サフラン仄かに 咲いていた
オレンジ色の 夕焼けに
仲良く揺れてた
寄り添う二人の 影法師
あの頃は あの時は
本当に ほんとに 幸せでした

木陰のベンチで はにかみながら
初めて交した 接吻(くちづけ)よ
港の丘に 出る月は
覚えているでしょ
二人でつくった 思い出を
あの頃は あの時は
本当に ほんとに 幸せでした

「秘蔵!幻の未発売曲集」(1990年リリース)というCDアルバムに収録されています。

この素晴らしい曲が、未発売だったなんて・・・

少し思い出しました - ふり袖子 (女性)

2017/11/23 (Thu) 07:39:10
*.mesh.ad.jp

書いているうちに少し思い出してきました。最後は確か「あの時はあの時はホントにホントに幸せでした」とか、、、?土曜の午後がなんとか、、、という内容で。私はひばりさんのこういう歌、歌い方も大好きでした。

少し情報が増えたからどうかなーーーーー。

『おしどり富士』と、『我が家の灯』 - 麦秋 (男性)

2017/11/21 (Tue) 08:45:20
*.bbtec.net

 10月、11月は、TVで、「美空ひばり」露出頻度に恵まれ、内容を確かめるのにうれしいせわしさ? でした。
 予想もしなかったひばりちゃんにスポットを当ててくれて、「やってくれるねえ」と言う番組が、続けざまにあり、意外で、うれしい収穫でした。

 一つは、「昭和の巨星」作曲家、吉田 正の回です。もう一つが、「昭和は輝いていた」、 西條八十、古関裕而の回です。

 「昭和の巨星SP」で、ゲストの橋 幸夫さんがらみで、ひばりちゃんとのTV共演でデュエットした、『おしどり富士』の紹介と、ほんの短かくでしたが、音源が流されたことです。
 所属レコード会社が違うために、ひばりちゃんに歌ってもらうチャンスのない吉田 正さんにとって、ようやく曲を作るチャンスが訪れた、念願の一曲だったはずです。『おしどり富士』の発表がTVの電波だけとは言え、ひばりちゃんはじめ現場で携わったスタッフの労力は相当なものだったと、推察します。
 
 吉田 正さんは、昭和20年~40年代にかけてのヒットメーカーで、歌謡界を牽引し、誰もが知っている作曲家でした。吉田さんとひばりちゃんとのドッキングは、刺激のある出来事で、彼女のファンの私にとっても、忘れられない、記念碑的な事件? として記憶に残こっています。
貴重な遺産、『おしどり富士』の紹介は、うれしいものでした。

 そして、「昭和は輝いていた」は、番組のなかで、西條八十、古関裕而、両氏による、三越ホームソングを取り上げ、昭和30年に作られたひばりちゃんの、『我が家の灯』が紹介されました。歌は、ワンコーラスだけでしたが・・・・・
 
 これまでTVで、『我が家の灯』を聴いた覚えがありません。『我が家の灯』は、ひばりちゃんの歌のなかで私の好きな作品で、ランク上位にあり、放送される機会を長い間待ち望んでいました。ほとんど、知られていないのが残念で、もっと多くの人に聴いて欲しいと願っています。
 今回、スポットをあててもらって、よろこんでいます。

Re: 『おしどり富士』と、『我が家の灯』 - 朝風呂Mail (男性)

2017/11/22 (Wed) 02:05:55
*.bbtec.net

テレビというのは大体において一般の人向けなので、ひばりさんをとりあげるとしても同じような曲、映像に偏っていて、棒は今はあまりテレビに頼っていません。自分も普段放送されない曲で、素晴らしいとおもっているものは数限りなくあって、今思い出しただけでも、「ひばりの三度笠」「つばなの小径」「波止場小僧」などなど、つぎからつぎにでてきますが、自分は集めたレコードで自分専用のCDをつくって聴いたり、最近は、youtubeも見直しているし、一日ひばりさんを聴ける家庭用のyousenとも契約して(月4000円位)珍しい曲もふんだんに楽しんでいます。

無題 - piyo (?)

2017/11/17 (Fri) 21:17:41
*.yournet.ne.jp

私もお二人に同感です。
心に残ったところも同じく「裏窓」だけでした。
「裏窓」はプロ好みのうたのうまい、歌手の方に人気がある曲ですね。
この手の番組にはほんとうにうんざりで毎回見るのをやめようと思い、また見逃してもなんの悔いもないです。
音程の悪さは気持ち悪くひばりファンには不快そのものなんですが・・
一度みてすぐ消去してしまいましたので、詳しいコメントはできませんが、今回もひばりちゃんの完璧な歌唱を再認識しただけでおわりました。


美空ひばりを知らない世代に彼女のすばらしい歌唱を聴いてほしいものです。
ずっと前のイベントですが、大船にあったシネマワールドで体感したで息遣いさえ聞こえてくるような上質な音響の中での彼女の歌声が忘れられない。まるでひばりちゃんが目の前で歌ってくれている錯覚に陥るほどのものでした・・・

Re: シネマワールド「女優・美空ひばり・ビック・フェア」 - 麦秋 (男性)

2017/11/19 (Sun) 13:40:23
*.bbtec.net

 ひばりちゃんのおかげさまで、皆様とこうして大好きなひばりちゃんについての意見交換ができて、うれしく幸せに思います。

 「シネマワールド」の話題に接し、懐かしさで一杯です。シネマワールドでの「女優・美空ひばり・ビック・フェア」は、平成8年と9年、10年の3回でしたか・・・? もう、20年の月日が流れてしまい、記憶もうすれていくばかりです。

 お話の、ひばりちゃんの歌、「音響」についての記憶がないので、私は、聴くチャンスを逃がしてしまい、惜しいことをしたと、悔やまれます。
 映画、「牛若丸」の、五条橋のセットがしつらえてあった会場に、椅子が並べてあり、ちょっとしたコンサートができるようになっていた印象がありますが、そこで聴けたのでしょうか? それとも、映画館?または、講演などのイヴェント会場でしたか・・・。

 繰り返しで恐縮ですが、主催が、映画の会社ですから、音と映像に関しては最先端で専門もよいところです。めったにない、ひばりちゃんの最高の歌唱を聴くには、最適な環境だったのに、情けないです。
 
 初回のフェアでは、前の日に大船に行き、ひばりちゃんが撮影の際に常宿にしていた旅館(名前を忘れました)に泊まって、開催当日は、行列に並んで開園を待ったことを思いだしました。何の自慢にもなりませんね。それより、良い設備で、ひばりちゃんの歌唱を聴きたかったです。

 一人でも多くの人に、ひばりちゃんの最高の歌声を聴いてもらえるチャンスがあるように、と願っています。 

無題 - piyo (?)

2017/11/17 (Fri) 21:26:25
*.yournet.ne.jp

たかたかし作詞、弦 哲也作曲、『裏窓』
への返信でしたが、うっかり新たなトピをつくってしまいました。
久し振りの投稿で勘も狂いました。
ちなみにですが、あの12日にはもう一つ昭和回顧風の番組がありましたが、気楽にみられるのであの方がいいですね。

ひとつひばりちゃんを語る橋幸夫さんのコーナーで
「旭がひばり邸の塀を超えてあいにくる」というのは初耳でした

Re: 橋幸夫さんの「旭がひばり邸の塀を超えてあいにくる」発言について - 藤 (男性)

2017/11/18 (Sat) 10:35:03
*.dion.ne.jp

「今の青葉台の家に……、」と言って居られましたが、
小林旭さんと交際中は、まだ青葉台に「ひばり御殿」は無かったです。

ひばりさん関係の番組が、今も放送していただき有りがたい事で感謝しておりますが、話の辻褄が合わない事が多々あり残念です。

つまらない投稿で申し訳ありません。

Re: 橋幸夫さんの「旭がひばり邸の塀を超えてあいにくる」発言について - ひばり映画っ子 (男性)

2017/11/18 (Sat) 17:32:07
*.home.ne.jp

つまらない投稿ではありませんよ。
とても重要、且つ、ファンのひばりちゃんへの思いの凄さを感じます。

[青葉台] という地名を活字で目にしたのは、離婚後のかなり経ってからの事。
離婚直後の[四谷] や、[赤坂の水戸幸ビル] は活字ではよく目にしましたし、
もちろん結婚後は[上野毛] でしたが。

先日のテレビで、青山和子さんが「愛と死を見つめて」 でレコ大を受賞した時、
「ひばりさんから、コロンビアでは私よりあなたがの方が先なのね、と言われ、
慌てて、横浜のひばり御殿にご挨拶に行った」 と話してましたが、
これが本当なら、彼女の受賞は昭和39年だから、離婚後の昭39年、そして結婚以前も、
『ひばり御殿』 は、観光バスでの紹介説明でも有名な、横浜間坂でしたよ。


このように、ひばりちゃんに関する話は、幾ら親しい知人友人、或いは和也さんでも、
時々、事実と違う話や、年月、曲数の間違いをされてますね。

人間だから、全てを完璧に覚えているのは無理だと思いますし、ど忘れもあると思いますが、
事、ひばりちゃんに関する話なら、ファンの方が、その発生年月日や、時刻まで、
或いは、色んなコンサートで歌った曲数や衣装、場所、共演者まで、あらゆる事を、
間違いなく正確に記憶されていると思います。
もちろん、新聞雑誌や公演、映画テレビ/ラジオを通じて知ったことですが。

自分も、学校の勉強は不得手だったのに、ひばりちゃんに関する記憶は鮮明に覚えてます。

だって、大好きだから、無理に覚えようとしなくても、頭に入って来ているのです。

たかたかし作詞、弦 哲也作曲、『裏窓』 - 麦秋 (男性)

2017/11/14 (Tue) 13:28:11
*.bbtec.net

 11月12日、NHK―BS、「新・日本の歌」を観て、強く印象に残ったのは、弦 哲也さん作曲、弦さんご本人歌唱の、『裏窓』でした。
 歌の最後で繰り返される歌詞、

〽ひとりぼっちの わたしのために
 あなたお願い もう一度
 明日を生きる 希望の詩を
 昔みたいに
 昔みたいに うたってよ

 の、ところでは、聴いていて、涙があふれてきました。ひばりちゃんへの私個人の、現在の気持ちそのままだったからです。
 弦 哲也さんの歌唱は、すばらしいと感じました。切々たる熱唱で、とても好感を持ちました。弦さんの目には、涙が浮かんでいるように見えたのは、私だけだったでしょうか。
 弦 哲也さんへの、観客のみなさんの拍手が、ひときわ大きく感じられました。感動の、至福のひとときでした。

 この『裏窓』の歌詞は、私のなかで、年月を重ねるごとに、胸にズンと迫ってくるようになってきています。
作詞の、たかたかしさんは、1934年の生まれの、83歳であることを知り、予想よりも年齢が嵩いのが、意外でした。
作品が世に出てから、すでに30年あまりが経っているわけです。でも、『裏窓』には、少しも古さを感じられないことが、意外性につながっているように思います。

 苦境にあった彼女のために、作詞、作曲両氏が心血を注いで、リスペクトを持って捧げられた?応援歌であろう『裏窓』は、ひばりちゃんファンの私にとって、彼女と共に、明日に向かって、希望を抱いて生きる為の、大切な歌の一つです。

 「昔みたいに  昔みたいに うたってよ」 

Re: たかたかし作詞、弦 哲也作曲、『裏窓』 - ひばり映画っ子 (男性)

2017/11/14 (Tue) 22:42:56
*.home.ne.jp

金沢で幼少時代を過ごした弦哲也さんの楽しみは、祖母に連れられて観に行った、
中には挿入歌『花笠道中』 もあった、一連の東映のひばり映画だったそうですね。
心底ひばりちゃんを敬愛し、更に、別格視している思いが伝わってきます。
そしてこの番組で歌われた『裏窓』 は特に良かったし感動的な一曲でした。


折角の素晴らしい歌唱の後には、もっと司会のコメントや感想も欲しかったのに、
何故か「小林旭」で大納得の『歌う映画スター』の意味の分からない話は興冷めでした。

歌謡界の頂点にいながら、名前のあった日活の看板スターより出演本数が多い事を、
事実に基づいて、「歌も映画も、名実共に日本一の美空ひばり」 と、
最初からストレートに紹介してくれれば良かったのに。


でもその後の「ひばりの日本調コーナー」 の選曲だけは良かったですが、
欲を言えば、各楽曲に関するひばりちゃんの映画等の画像を出して欲しかった。


しかし、如何せん、今更ながら皆さんの歌唱力と表現力が寂しかったです。
『やくざ若衆祭り唄』、『江戸の闇太郎』、『車屋さん』 での歌唱力や表現力は、
天性と、映画を通して身についたひばりちゃん以外、誰も巧く歌えない楽曲です。
最後の由紀さおりさんと天童よしみさんの、「二人のひばり名曲コーナー」も、
予想通り、全くの期待外れの歌唱力でした。
ひばりファン以外の視聴者には、曲の良さが伝わって来なかったのではと心配です。


ひばりちゃんと比べる事は無謀と言うのは、昔から万人の衆知の事実ですが、
NHKという公共の電波を使い、全国に放送されているプロの歌手の歌唱表現なら、
もう少し音程も正確に、大先輩の元歌を忠実に歌唱するのが、プロの当然の務め。
仲間とのカラオケ感覚とは違うと言う事を認識すべきだと思います。

「美空ひばりを歌い継ぐ」 は必要な事で、ファンとしては嬉しい限りですが、
プロ歌手として公共の電波で流す以上は、元歌のイメージを壊さぬよう、
曲を正確に、丁寧に歌うようにするための必要最低限の練習は不可欠だと思いますが。


天賦の才に加え、人知れぬ努力の結果での歌唱力と演技力に加え、
170本の映画での経験も加味して、振りや身のこなし、顔の表情等、
全てタイプや風景、メロディラインも音域も違う多くの楽曲を、
卓越した表現力と完璧な歌唱で歌い分けてきたひばりちゃん。
改めて凄い人だったと思い知った番組でした。


そんな中で歌われた弦哲也さんの『裏窓』 は秀逸の一曲でした。
ひばりちゃんの晩年の曲の中で、特に好きな曲は、国民的大ヒットの楽曲ではなく、
弦哲也・たかたかしさんコンビの『残侠子守歌』 と、この 『裏窓』 でした。

何度でも聞きたいし、もっともっと、ステージやテレビでも歌って欲しかったです。





Re: たかたかし作詞、弦 哲也作曲、『裏窓』 - 麦秋 (男性)

2017/11/15 (Wed) 12:38:23
*.bbtec.net

 番組について、熱い思いの込められた投稿、「ウン、ウン」と、うなずきながら、うれしく拝読させていただきました。お気持ち、よく伝わってきました。

 『裏窓』の歌唱が終わって、次のコーナーに移る対処は、艶消しのなにものでもなかったことは、同感です。余韻を味わう余裕が、欲しかった。弦さんの歌唱の盛り上がりを一瞬にして水を差し、しらけさせた感でした。

 日本調コーナーへの、誘導の演出も、お粗末でしたね。本当に、意味不明?で。映画主題歌集ではないし、映画スターとしての紹介なら、映画での彼女の活躍、実績などを語るべきでした。
 ちょっとしたことで、折角の好企画も、生かし切れてなくて、消化不良の感を持ちました。

 出演歌手のみなさんに、素晴らしい歌唱をしてもらいたいと、祈る思いで観ていました。おおかた、期待を裏切られました。歌うことだけが精いっぱいで、感動させてもらえる歌は、ほとんどなかったように思います。

 歌手の司会は、お遊びだと思っています。無理があります。NHKには司会は、本職の優秀な人材が、たくさんいます。司会に適した人を発掘したり、経験を積ませたり、競わせたりするのが、NHKにとって、ベターではないでしょうか。司会については、職員の有効活用が優先されるべきで、歌手は、歌うことに専念すべきでは?

 ひばりちゃんから、プレゼントを贈られたエピソードを弦さんが明かされていました。が、なんだか、自分がもらったようで、うれしく感じました。
 弟の哲也さんと同じ名前の弦さんに、ひばりちゃんは、近親感が強かったように想像します。特に、弟、哲也さんを亡くしてからは、親しみが増していたのではないのかなあ。

 ひばり映画っ子さんのお好きな、弦 哲也さん作曲、『残侠子守歌』は、弟の哲也さんプロデュース曲のはずで、レコード発売は、哲也さんが亡くなった直後だったように思います。この時の縁が、『裏窓』に結びつき、プレゼントへと続くストーリーには、泣かされます。
 弦さんは、ひばりちゃんとの出会が、『裏窓』の録音のときの、一度だけだったと聞いています。

Re: たかたかし作詞、弦 哲也作曲、『裏窓』 - ひばり映画っ子 (男性)

2017/11/17 (Fri) 00:14:29
*.home.ne.jp

多くのひばりファンの方々にしたら旧知で当然のことかも知れませんが、
どうしても気に掛かり、「ひばり日本調のうた」コーナーでゲスト歌手の歌唱のと、
他の番組でのひばりちゃんの歌唱シーンを見比べたら、なるほどと、違いが分かりました。

元気の良い女性歌手が歌った『やくざ若衆祭り唄』 では、
背景は「ひばり三役雪之丞変化」の口上シーンと同じで懐かしかったですが、
いくら男っぽく歌っても、喉開が女性発声、女笑みで、歩きも所作もやはり女性です。
ひばりちゃんの様に、着物姿でも股を割り、外開きの足でないと男らしさが出て来ません。
ある大御所の斬られ役者さんが言ってましたが、
女性で股を割って殺陣を出来るのはひばりちゃんしかいないと驚愕してました。


船村徹さんの愛弟子が歌った『江戸の闇太郎』 は、
彼は登場シーンから、街のカラオケで歌うような表情で、闇太郎の雰囲気ではなく、
やはり、舞台不慣れか、気恥ずかしさで闇太郎になり切れてなかったですね。
「♪ヘンおいらは黒頭巾--」のところだけ、ひばりちゃんを真似てましたが。

一方、ひばりちゃんのコマでの歌唱シーンですが、『お島千太郎』 の女性歌に続き、
『江戸の闇太郎』のイントロに変わると、すぐに足は外股になりたちまち男に変身。
女性着物でも、マイクに向かう歩き方や歌う表情は男で、千両箱の重さも伝わり、
完全な男としての声音(こわね)や表情になり歌いきってます。

昔のテレビで、吉田正さんコーナーで『弁天小僧』 を歌った時もそうでしたが、
闇太郎も、映画での役の経験もあり、見せる役者歌として半端ではない秀逸作品です。


『車屋さん』 は、「わが心のひばり歌」でチャーリー脇野さんも言ってましたが、
「都々逸の心得のない人、三味線と共に日本調の歌で相当喉を鍛えた人でない限り、
そして、出来ればプロの歌手にはあまり歌って欲しくない」と。

小唄端唄では師匠を驚かせ、洋物とは別の邦楽としての発声・声音とノリで歌い、
日本舞踊花柳流名取に加え、他の流派も取得したひばりちゃんの所作や振り。
この曲を、こぞって多くの女性歌手が挑戦してますが、絶対に敵わないのは明らか。


単に「演歌」ではない、
邦楽や洋楽的な発声歌唱もでき、女優や名取としての表現も備えた「ひばり楽曲」は、
これからももっともっと多くの人に愛され歌い続けて欲しいですが、
永久に、ひばりちゃん以上の感動は得られないと言う事を再認識しました。

Re: たかたかし作詞、弦 哲也作曲、『裏窓』 - 麦秋 (男性)

2017/11/17 (Fri) 12:37:34
*.bbtec.net

 尽きることのないほど、熱烈な、「美空ひばり」考察、心から頼もしくてうれしく思います。今回の特番でも感じましたが、私も同様に、ひばりちゃんを超えるほどの芸人・歌手は、日本人では今後も現れないと、この30年を経て、確信をしています。

 美声であったり、容姿が良かったり、詩、曲が良かったりして、人気を得る歌手はあるでしょう。でも、大観衆を歌と芸で魅了できる、ひばりちゃん以上の人は出てこないでしょうね。

 実際に見もしない、知りもしないで、「美空ひばりはコウマンチキだ」と、デビュー当時から常に巷で言われてきた事実を知っています。本当に高慢であるなら、老若男女の、観客の心をとらえることなどできるはずがありません。細やかな心配りの持ち主だからこそ、舞台での細やかな所作があったのです。

 「ローマは一日にして成らず」、一朝一夕に、ひばりちゃんのように振る舞えません。彼女の、努力と経験、持って生まれた才能が、なしえた「技」なのですから。
日本が生んだ歌の女王、「美空ひばり」は、永遠不滅です。

Re: たかたかし作詞、弦 哲也作曲、『裏窓』 - 朝風呂Mail (男性)

2017/11/18 (Sat) 02:28:11
*.bbtec.net

小生、久しぶりの内容の充実した投稿の連続に大満足しています。こういった客観的にひばりさんの歌の素晴らしさを語れる男性ファンが、ひばりさん御存命中にもっとおられたら彼女も大感激したのではないかと思います。自分自身も若い頃は、クラシックや洋楽ファンの前でひばりさんのことを語ること自体を恥じたりしたことをこの年になって恥ずかしく思っています。
 今回の番組、小生録画したものを見ましたが、登場歌手のレベルの低さには失望、すぐに削除しました。音楽界全体から見ればマイナーになってしまった演歌のなかでも、とくに魅力のない歌手たちが、学芸会のような歌を披露するだけで残念でした。ひばりさんの歌をプロの方が歌い継ぐのなら、番組はもっと歌手の間口をそれも実力のある人たちに広げてほしかったですね、
岸洋子、越路吹雪、ちあきなおみ、立川澄人、三橋美智也、昔の紅白でひばりさんと火花を競った本物の歌手たちが懐かしいです。今自分はもうテレビはあきらめています。40年間集めたひばりさんの映像、音楽ソフトを見直して、あらためて彼女の歌手としての素晴らしさをきちんと世界に伝えていかなければと思います。ひばりさんこそ日本の文化遺産ですから。
 最後にひばり映画っ子さんの多ジャンルに渡る美空ひばり歌唱考には全く同感ですし、的確でした。ありがとうございました。

Re: たかたかし作詞、弦 哲也作曲、『裏窓』 - 朝風呂Mail (男性)

2017/11/18 (Sat) 02:47:27
*.bbtec.net

時期外れの話題ですが、今年のひばりさんの命日に、個人的に家でひばりさんを偲び、食卓にささやかな花と彼女が好きだったブランディーを、自分が好きな彼女のレコードの前に配して写真を撮りました。この写真を世界中で見られている写真投稿サイトにアップして、彼女こそフランスのエディット・ピアフやアメリカのジュディ・ガーランドに匹敵する大歌手だったと紹介しました。そしてみなさんに大変興味をもってもらいました。

C&H SKY JAZZ ORCHESTRA - 小鳥 京(コドリ キョウ) (?)  URL

2017/09/24 (Sun) 23:50:22
*.ocn.ne.jp

ななんとリハーサルを見学させて頂きました。
どうもありがとうございました!
そこでフライヤーをGETしましたので、
載っけま〜す。

Re: C&H SKY JAZZ ORCHESTRA - 小鳥 京(コドリ キョウ) (?)  URL

2017/10/09 (Mon) 23:25:16
*.spmode.ne.jp

10/8(日)にsold outなったそうです。
(・o・)!

Re: C&H SKY JAZZ ORCHESTRA - 小鳥 京(コドリ キョウ) (?)  URL

2017/11/13 (Mon) 03:33:51
*.spmode.ne.jp

行ってまいりましたぁ~。
本日もたくさん
お勉強させて頂きました。
どうもありがとうございました。
皆々様お疲れ様でした!
この掲示板でおなじみの方にも
会えましたよ。(・∀・)/

Re: C&H SKY JAZZ ORCHESTRA - 小鳥 京(コドリ キョウ) (?)  URL

2017/11/13 (Mon) 03:40:33
*.spmode.ne.jp

覚えてるかぎりのレポートです。
(・ω・)/
楽しゅうございました。
o(^ω^)o



17:00~18:00
ご飯タイム


一部
MC演歌歌手の東里香氏

♪河童ブギウギ
♪星影の小路
♪長崎は今日も雨だった
♪恋のバカンス
(東里香氏&キャロル山崎氏)
♪テレサ・テンメドレー
♪舟唄
(東里香氏)
♪雨の慕情
(東里香氏)
♪津軽海峡・冬景色
♪金剛山
(東里香氏オリジナル曲)
♪東京ナイトクラブ


30分間休憩~


二部
MCジャズシンガーのキャロル山崎氏

♪なごり雪
(アレンジ鈴木章広氏)
♪あの日に帰りたい
(アレンジ園山光博氏)
♪ラヴイズオーヴァー
(キャロル山崎氏)
♪恋のフーガ
(東里香氏&キャロル山崎氏)
♪サザンオールスターズメドレー
(アレンジすぎもとこういち氏)
♪別れの朝
(ゲスト前野響子氏)
♪美空ひばりメドレー
(アレンジしもほりふくお氏)
♪喝采
(キャロル山崎氏)
(アレンジ神村英男氏)
♪真赤な太陽
(キャロル山崎氏)


アンコール
♪ある女の詩


ダブルアンコール
♪川の流れのように
(東里香氏&キャロル山崎氏)


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.